SNS疲れ0で楽しく上手に使おう

SNS時代を生きる

情報をすぐに受け取れて便利で、思い出を共有したり友達とつながることができて楽しいSNS。 しかし最近では、そんなSNSに疲れてしまう人もいます。 SNS依存症などの話題も、ニュースで取り上げられていますよね。 まずはそんなSNSのメリット・デメリットを考えてみましょう。

楽しくて便利なSNSに潜む問題点

近年、ほとんどの人がスマートフォンを持つようになってから、急激に成長を遂げたソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)。
このサイトをご覧になっている方の中にも、LINEやTwitterなどを利用している方も少なくないと思います。

TVをつければ、「今Twitterで話題の」とか、「instagramで見て」といった文言から、流行のものを紹介する番組を一日で何度も目にしますよね。
今や企業でさえ、SNSでの流行や最新の情報を手に入れることが事業で生き残るための重要なポイントとなっています。

現在のようにSNSが流行した背景としては、ネット世界で他者との繋がりをもてること、自己の発信を行えることが挙げられるのではないでしょうか。
これは、メールや電話しかできなかった携帯電話に対して非常に革新的であったために、広く流行したと考えられます。

しかしその匿名性や、様々な人と繋がれてしまう環境に対して、しばしば問題視する意見も見受けられます。
事実、近年ではSNSを用いた犯罪行為や、匿名であることを悪用した誹謗中傷、いわゆるネットいじめなどの、SNSならではの課題が見えてきています。
さらに、そういった中でもあまり大きくは取り上げられないのにも関わらず、増加しているのが「SNS疲れ」です。
人の投稿を見るのがつらい、いいねをもっともらいたい、フォロワーを増やしたい、といった、SNS特有の悩みに苛まれて、疲れてしまう人が増えているのです。

このサイトでは、そういった「SNS疲れ」にならないために、またSNSとうまく付き合っていくには、ということに焦点を当てて、そのヒントになりそうなことをご紹介します。
もしこのサイトをご覧になっている方の中に、SNSに疲れたなと感じている方がいらっしゃれば、少しでもお役に立てたらと思います。

そのSNS、本当に必要ですか?

SNSはあなたにとってどんな存在でしょうか。 なくてはならないもの、暇つぶし等、いろんな意見があると思います。 しかし、一般人よりも発信することが多くありそうな芸能人でさえ、SNSを使わない主義の人もいます。 このページでは、SNSをやらない人の観点を知り、SNSとの付き合い方のヒントをみつけていきます。

SNSとうまく付き合っていくポイント

SNSはあくまで私たちがそれを活用し、より生活を豊かにするために使う手段であるはずです。 しかし、SNSへの投稿自体が目的となってしまい、必要以上に疲れてしまうことがあります。 最後に、疲れないようにSNSを活用するにはどうすればよいか、私なりに提案したいと思います。