SNS疲れ0で楽しく上手に使おう

SNS時代を生きる

SNSの光~広がるコミュニケーション~

SNSというと、今や家族や友達とのコミュニケーションツールとしてマストとなっているLINEや、日々の出来事を気軽に投稿したり、おもしろいことを友達と共有できるTwitterやFaceBookが思い浮かぶのではないでしょうか。
また、最近これらのSNSに勝るとも劣らない人気を誇るのが写真を投稿して多くの人と思い出や感動を共有できるInstagramです。

これらのSNSを利用すると、例えば好きな芸能人やニュースなど、必要な情報をいち早くゲットできます。

また、特にInstagramやTwitterに顕著である、自己表現のしやすさも魅力的です。
一般人であってもちょっとした特技や、美しい写真などをSNSに投稿すれば、多くの人の目にとまり、評価してもらえるチャンスが誰にでも与えられるということです。

この2点は、SNS特有の大きなメリットではないでしょうか。

SNSの影~急増するSNS疲れ~

ここまであげたように、SNSは今までにないコミュニケーションツールとしてのよさがあると言えます。
しかし、いいことばかりではありません。

Instagramを例にとって考えてみたいと思います。
Instagramに投稿する写真は、美しく目にとまるものや、奇抜なものであればあるほど評価されます。
そのために、見た目が珍しい食べ物や、カラフルなお菓子を販売する店に行き、写真を撮る人も少なくありません。
もっとフォロワーを増やしたい、いいねをたくさん押してほしい、そんな思いで写真を撮るために長蛇の列に並ぶ人もいます。

しかしこれでは、Instagramにあげる「写真を撮るため」に「お店に行く」という行動になっており、目的と手段が入れ替わってしまっています。
このような現象は、人々に「もっといい写真を撮らなきゃ」といった精神的な圧迫感を与えてしまいます。
そのために、SNSに疲れてしまう人が増えているのです。